Skip to content

タグ: Emotional

dear FUKIAGEHAMASOU – 結び式 –

3月のすえ、ここ南国鹿児島ではこの時期はもう、日照りの中に
身を晒せば真っ赤に日焼けする。
そんな体を引きづりながら、音声収録及び楽曲制作(ダイジェスト編)を
お願いしたタクヤと
大隅から薩摩の西の果てに向け出発し
到着は午前0時を回っていた。

海から吹き続ける風が寝静まった町を走り
轟音だけが鳴り響く。

そして、寒い。

Comments closed

なみのうず – ユクサ物語 –

なみのうず – ユクサ物語 – 予告編

なみのうず – ユクサ物語 – ショート・ドキュメンタリー本編

音楽 : DOUBLE FAMOUS

2017年、残暑も酷暑な鹿屋の8月も終わりの頃
激しく回る扇風機の風音著しいのは承知の上で一本の電話に出た。

バッさん だった。

彼は設計事務所を営み、様々な活動に力を入れている。
いわゆる活動家、タイプではないが不思議と何かの中心におり
メディアにも小慣れた 鹿屋では稀有な存在の一人である。

Comments closed

くじらは満月の夜に光る

くじらは満月の夜に光る

音楽:yan / Teruyuki Kurihara – COME CLOSER –
詩・脚本:山下冗談
映像:脇村映像

旅ノ途中
というイベントに向けて1本の上映作品を制作することになるのだが、
それは2018年の3月11日に予定されていた。

2011年のその日を境に、脳みその構造、今まで信じてきたもの、惰性のかたち、怒りの対象、
とにかくまったく総てが新しく生まれ変わったのを 未だに肌感覚として鮮明に残っている。

特に、出会いも増えた。それも直接センスに届く刺激的な出会いな。

その中の一人が 詩人・山下冗談という男だった。

Comments closed